前回の無料Oracle Java 8アップデートからの経過日数 -
お客様の計画は?

00
00
時間
00
00

使い始める

Zing:®より優れたJVM

With Zing® you can ensure consistent Java execution, improve carrying capacity, deliver a better user experience, meet required service delivery levels, and reduce operational and engineering costs. Zing is proven in a wide variety of use cases including online retail, advertising, web-scale communities, capital markets, search, Cassandra, Kafka and many more.

優れたパフォーマンス

LLVMテクノロジーで作られた、Zing向けFalcon JITコンパイラにより詳細な最適化が
実現します。

途切れることなく実行

AzulはJavaのガベージコレクション(GC)の問題を解消しました。アプリケーションのタイムアウト、GCの一時停止、フリーズ、ジッタなど、頭の痛い事態が解消します。

起動の高速化

ReadyNow!®を使用すると、Javaアプリケーションの起動がより迅速になり、高速な状態を維持します。

驚くほど低価格

..さらに当社は柔軟な対応を提供しています。ぜひ見積をご依頼ください。または、お電話でお気軽にお問い合わせください。

JavaはZingと連携して動作が向上

Javaアプリケーションは、グローバル企業はもとより、新興企業の強化にも欠かせません。DevOpsチームと基幹業務管理部門は、アプリケーションポートフォリオ全体における信頼性と持続可能なパフォーマンスの向上を求めています。オンライン小売業、デジタル広告、資本市場、テレコム、公共事業、リテールバンキング、ゲーム、およびその他多くの分野にわたるユースケースによって、Zing®の価値は、世界各地の日常業務において証明されています。

Zingユースケース

JVMの向上によって、既存のインフラストラクチャから高い能力を引き出す

Zingを使用すると、より少ないサーバーまたはクラウドのインスタンスで、アプリケーションのサービスレベルを満たすことができます。Zingを導入すると、既存のハードウェアでより多くのトランザクションを処理できるだけでなく、クラウドのコストも削減できます。

Zingで優れたビジネスケースを構築する

より優れたJVMによってアプリケーション基準が向上することになります

Zingは、GCの一時停止、ジッタ、またはアプリケーションのタイムアウトなしに、持続的なパフォーマンス、高速ウォームアップ、および予測可能なレイテンシを実現する「動作が優れた」JVMです。Zingはデータセンターでもクラウドでもその力を発揮します。

ZingがどのようにCassandraのパフォーマンスとスループットを向上するかを確認する

ITとDevOpsチームへのメリット

Zing for Java SE 11、8、7から選択

Zingはその他のJDKと同様にドロップインします。Javaコード、JAR、フレームワーク、プログラミングスタイルを変更する必要はありません。

継続的な運用

Javaのガベージコレクション問題のない迅速な割り当て、さらに必要に応じてJVMインスタンスあたり最大8TBのライブJavaヒープ

アプリケーションの指標を向上する

Zingは、GCとアプリケーションのタイムアウトの問題を即座に解消します。JVMのチューニングを繰り返す必要はありません。ReadyNowでJavaのウォームアップ問題を解決します。

すべての主要なLinuxディストリビューションのサポート

Red Hat Enterprise Linux、SLES、Ubuntu、Debian、Amazon Linux、Oracle Linux、CoreOS、Red Hat MRG、またはCentOSを選択できます。

お客様の本番環境に合わせる

Zingは最新のX86サーバー、VMwareまたはKVM、AWS、AzureまたはGoogle Clouds、さらにDockerとLXCコンテナで動作します。標準監視ツールに対応します。

優れたサポート

24時間体制のサポートチームが、Azulエンジニアリング部門と緊密に連携して問題を迅速に解決し、セキュリティアップデートをタイムリーに行います。

シンプルな価格設定

Zing®の価格は、サーバー(物理または仮想)あたりの期間に基づいて設定されています。サーバーあたりの
価格設定であるため、コア数、メモリーサイズ、またはサーバーごとにデプロイされるインスタンスの数を気にする必要がありません。Zingのシングルライセンス年間登録料金(サポート付き)は、1サーバーあたり$3500(USD)になります。また価格は登録数と登録期間の増加に比例して大幅に下がります。スタートアップ企業と年間収益$2500万以下の会社、また自社製品へのZingの組み込み/統合を目指しているISVと製造業者向けの特別価格の詳細については、当社までお問い合わせください。

オープンソースの開発者ですか? Zingの更新可能な1年間無料登録は、当社のZingオープンソースプログラムにてご利用いただけます。今すぐお客様のオープンソースプロジェクトでZingを使い始めましょう!

AzulのISVパートナーは、Zingを認定またはソリューションとのバンドル販売を行っています

以下に記載されたISVは、多くの産業とユースケース全体で拡大しているパートナーエコシステムの一部を構成しています。

厳選されたZingのリソース

Zingデータシート(英語)


新しいFalcon JITコンパイラ


ZingのFAQ(よくある質問)


Zing Transforms Cloud Economics


Zing reviews on G2Crowd (external site)


ReadyNow!テクノロジーについて見る


オープンソースの開発者向けZing


Zingシステム要件


Zingのビジネスケースの構築


Zingデータシート(日本語)


ReadyNow!データシート(英語)


ホワイトペーパー: AzulのC4コレクタ(Zingの背景にあるテクノロジー)


ホワイトペーパー: Javaのガベージコレクションの理解


Zingのベンチマーク: Apache Cassandra


オンデマンドウェビナー: 取引開始時にJavaで優位に立つ


MigratoryDataのメッセージング基準


Zing Embeddedデータシート


Azul Inspector Java環境ツール


Zingオンラインドキュメント


Azul製品サポートライフサイクル


ZingのFAQ(よくある質問)をチェックするか、リソースページにて、Zing®ソリューション、ホワイトペーパー、インフォグラフィックス
などの一覧表をご覧ください。オープンソースの開発者ですか? 当社のオープンソースプログラムをご確認ください。

認証済みユーザーによるZingのレビューをお探しですか? You can access them on the G2 Crowd site.

© Azul Systems, Inc. 2019 転載禁止。

選択されたWebサイト(azul.com)のセクションは英語でのみご覧いただけます。続行したい場合はクリックしてください。

戻る
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software